世界一貧しい大統領ホセ・ムヒカから学べる、幸せになるための考え方

こんにちは。ゆりです。

とても素晴らしいスピーチに出会ったので紹介します。
ホセ・ムヒカという方のスピーチです。

ホセ・ムヒカとは

ホセ・ムヒカの名言スピーチ

ホセ・ムヒカは、ウルグアイの元大統領で、
地位に見合わず、非常につつましやかな生活を送っていることから、

「世界一貧しい大統領」としても知られています。

これは、ホセ・ムヒカ大統領が、
2012年のリオ会議(地球サミット)で行った名スピーチです。

彼の8分間のスピーチは、
”もっとも衝撃的なスピーチ”と呼ばれるようになりました。

ぜひみて欲しいです。

ホセ・ムヒカ大統領のスピーチは、
万人にわかるようなシンプルな言葉ですが、

抽象的であるものの、非常に本質を突いた言葉で表現されており、
素晴らしいなあと思いました。

特に印象的な言葉を、挙げてみます。

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、
無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

この言葉、深すぎる・・・。

この言葉だけで1時間語れそうです。
そして思い当たる部分がありすぎて、耳が痛いです。

消費社会に生きると心が貧しくなる

消費社会に幸せを求める人は、心が貧しい人が多いです。

私はそれが問題だと思っています。

いい服を買って、いい靴を買って、
ブランドコスメ買って、いいバッグ買って、

最後にはいい家を買って、ローン組んで、いい車乗っても、
決して満足しないのが、人間というものなのです。

なぜ、こんなことを考えるかというと、
私自身、物欲がめちゃくちゃ強いからです。

いろんなものを買ってその時は満足しても、いつかそれを忘れて、
またモノを買うことを繰り返していました。

服が欲しい、コスメが欲しい
インテリアが欲しい、家具が欲しい、いい家が欲しい

欲しいものを挙げたら、正直キリがないんです。

特に女は金がかかりますよね、
スキンケアとか、コスメとかネイルとか、

やたらと金がかかる。

だから、買い物依存になりがちです。
私も一時期買い物依存でした。

衝動的に200万円ぐらいの金額を
服やバッグに使ってしまうこともありました。

「足るを知る」ということを知らないと、
いつまでもそうやって求め続けます。

正直私の周りにはお金持ちが多いですが、
お金を持っていても幸せそうじゃない人も多いんです。

もっともっとお金がほしい!!と追い求め続けるんですね、

「何かがないと、幸せになれない」
と、常に何かを求めているのです。

ものが有る無しではなく、お金があるなしではなく、
どれだけ今に豊かさを見いだせるかという問題なんです。

持ってしまうと失うことを恐れます。
これは良くスターウォーズでも言われている言葉なんですが、

『ジェダイの哲学』感想。心に響いた言葉5選を紹介する。

そういう人は大抵、何かを恐れています。
他人の視線かもしれないし、プライドを守ることかもしれない、

私は一時期、女友達の視線を、過剰に気にしていました。

女友達の服装のレベルに合わせないと、
下に見られると思っていたからです。

自分が格下だと思われないために、
無理して、何万もするいい服を買ったり。
ブランドものに拘ったり。

あの時はストレス溜まっていたなあ。(汗)

マウンティングしてくる人も
不安で不安でしょうがないんですよね。

他人と比べて自分はどうなのか
という相対的な理由でしか、
価値判断できない人たちなのです、

それはそれで不幸な人生です。
常に失うことを恐れなくてはいけないからです。

モノを買うために働いて人生を消費する人たち

人は物を買う時は、お金で買っていないのです。
そのお金を貯めるための人生の裂いた時間で買っているのですよ

この言葉もはっとしますね。

消費だけしていても、本当の意味で幸せにはなれません。

多くの人は、ものを所有することに囚われて、
そのために労働をして人生の時間を削って、

自由と、今しか訪れない幸せを放棄しているのです。

あれが足りない、これが足りない、と消費に走るのではなく、

自分の人生どれだけの自由な時間を作り、
どうやって生きていきたいか?

そういったことを考えるのが
とても大事ということなんですよね。

ホセ・ムヒカの本はこちら

私のオススメのホセ・ムヒカ大統領の本はこちら。
amazonのkindle unlimutedにあります。

 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は昔は依存的で恋愛がとても苦手でしたが、
自立した生き方をするためのマインドセットを勉強することで、

今では、恋愛で同じような失敗を繰り返したり、
悪い男に騙されるようなこともなくなり、

特に努力したり、我慢したりすることもないにも関わらず、
人との良好な関係を築くことができるようになり、
恋愛のみならず人生全体がうまくいくようになりました。

このように私は恋愛の勉強を始めてから、
マインドを劇的に変化させることができましたが、

恋愛のために勉強をすることが大事というと、
ぶっちゃけ、「え?そうなの?」って感じですよね。

恋愛は勉強したり、考えてやるものじゃない、
とよく言われます。

しかし、思いやりを持つとはどういうことなのか、
人の立場に立つこととはどういうことなのか、

ということ考えると、無知で無教養でいいわけがない
と私自身は思うのです。

相手を思いやる想像力は、知識によってしか養われません。
「ありのままの自分でいい」なんていうのは嘘なのです。

知識をつけて、自立したマインドを身につければ、
どんな人でも幸せな恋愛はできるし、
自信を手に入れて充実した人生を生きることはできます。

私ゆりが知識を得て、そして恋愛がうまくいった過程を
下記の記事では公開してます。

いい女を目指す私ゆりのプロフィール



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等で友達にシェアしていただけると超喜びます。

(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です