束縛や嫉妬がやめられない人はどんな心理なのか。

こんにちは。ゆりです。

あなたは恋人に対して、嫉妬や束縛してませんか?
また、恋人から束縛をされていることに苦しんでいませんか?

そういう人多いですよね。特に若い人はそうです。

で、だいたい束縛行為をする人というのは、
「好きだったら束縛したくなるもの」とか言っているんですけど、

実際それは違うんじゃない?と思うんですよね。
ただの自分を正当化したいだけでは?と私は思ってしまうのですよ。

恋人に対して嫉妬や束縛をしてしまう人

実際こういう人いますよね。

  • 恋人が飲み会に行くだけで、友人と遊ぶだけで不安。
  • 恋人が異性と仲良さげに話すだけで不安。
  • 恋人の元恋人との関係を疑って不安。

こういう人は恋人が「大丈夫だよ、ただの会社の飲み会だって。」
そう言われても相手のことが信用できないんですよね。

いついかなる時も、相手が何をしているか分からないと怖いのです。
でもですね、そういう人は実はこう考えているんですよ。

「自分がもしその状況だったら、浮気をしてしまうかも・・・」

と思っているんです。だから不安になる。束縛したくなる。
自分自身を相手に投影して、あらぬ不安を生み出しているのです。

つまり、本当は自分自身が「浮気するかもしれない」
という思いを持っているということですよ。潜在願望としてあるんです。

ですから、

嫉妬深く束縛する人ほど、浮気します。

これ本当にそうなんですよね。よく言われていますけど。

そしてこれらの感情は、「愛しているから」じゃないんですよ。
自分が不安でしょうがないから、安心したいだけなのです。

結局は、自分のためで、自分を守りたいだけなのです。
相手のことなんて1mmも考えちゃいない。それが束縛行為というものです。

束縛が激しい人に限ってDV・モラハラになりやすい

そして、束縛をする人に限って、自分が束縛されることを嫌うんですよね。

自分がされて嫌なことを、人にしちゃいけないことぐらい、
想像力があればわかるものなんですが、それを平気でやるのが束縛が激しい人です。

そういった自分が嫌なことを強要するということは、
相手のことを「どうでもいい」と思っていなきゃできません。

つまり、束縛はするけど束縛はされたくないということは、
愛されたいだけで、相手のことは愛してはいないということ。

恋人というものに対して、『自分の寂しさや、欲求を満たすためのもの』
くらいにしか思っていないんです。

愛情ではなく「所有欲」なんですよね。「所有欲」を「愛情」だと思い込んでいるんです。
それらの感情は、モラハラやDVの原動力になります。

ですから、嫉妬深すぎる人や、束縛が激しい人には十分注意をしたほうがいい。
「愛しているからだ」という言葉で惑わされないように。

自由と引き換えに責任を負う関係性

本来、相手の自由を尊重してあげるのが、本当に愛しているということ。

自由というものには責任が伴います。お互いが自由を認め合いながら、
その中で責任を負える関係が健全な関係。

人は強要されることが一番嫌うのです。
「〜しろ」と言われたら反発したくなるのが人間というものです。

「宿題しろ」と親に言われたら反発して逆らう子供のように、
「浮気するな」と言われたら反発して浮気したくなってしまうのが人間というもの。

「〜しろ」といって強要して相手をコントロールすることがそもそもの間違い。
人をそもそもコントロールすることはできません。

ですから、束縛が激しい人ほど「強要すること」そのものに反発されて、
裏切られる運命にあるのです。強要した内容の問題ではないってことですね。

ですから束縛してしまう人は、自分自身が、
相手の自由を認められる心の余裕が必要ということですよ。

自分自身に余裕がなかったら、相手の自由を認められるわけがないし、
まともな関係を築く事もできないというわけですよ。

それでは。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は昔は依存的で恋愛がとても苦手でしたが、
自立した生き方をするためのマインドセットを勉強することで、

今では、恋愛で同じような失敗を繰り返したり、
悪い男に騙されるようなこともなくなり、

特に努力したり、我慢したりすることもないにも関わらず、
人との良好な関係を築くことができるようになり、
恋愛のみならず人生全体がうまくいくようになりました。

このように私は恋愛の勉強を始めてから、
マインドを劇的に変化させることができましたが、

恋愛のために勉強をすることが大事というと、
ぶっちゃけ、「え?そうなの?」って感じですよね。

恋愛は勉強したり、考えてやるものじゃない、
とよく言われます。

しかし、思いやりを持つとはどういうことなのか、
人の立場に立つこととはどういうことなのか、

ということ考えると、無知で無教養でいいわけがない
と私自身は思うのです。

相手を思いやる想像力は、知識によってしか養われません。
「ありのままの自分でいい」なんていうのは嘘なのです。

知識をつけて、自立したマインドを身につければ、
どんな人でも幸せな恋愛はできるし、
自信を手に入れて充実した人生を生きることはできます。

私ゆりが知識を得て、そして恋愛がうまくいった過程を
下記の記事では公開してます。

いい女を目指す私ゆりのプロフィール



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等で友達にシェアしていただけると超喜びます。

(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です