好きになった人といつも付き合えない理由

こんにちは。ゆりです。

今回は好きになった人には好かれないのに、
どうでもいい人にはモテてしまう女性についてお話します。

好きな人に好かれず、悩んでいる人は多いじゃないですか。

自分が好きになった人に限って振り向いてくれず、自分に無関心、
憧れの人はいつも憧れのまま手が届かない…

にも関わらず、

自分にとって全く興味のない相手からは好かれてしまう…
一体何故なのか?と言う話なんですけれども、

なぜいつも、どうでもいい人にモテるのか?

結論から言うと、

どうでもいい人には、
嫌われてもいい自分を出せているから

なんですよね。

人の魅力である、「人間くささ」というのは、
好きな自分ではなく、自分の嫌なところや、
嫌いなところにあるのです。

むしろ欠点に魅力がある人が多い。

それを好きな人には見せることができず、
どうでもいい人に見せているから、

どうでもいい人に好かれ、
自分が好きになった人には好かれないのです。

あなたは、「嫌われたくない!!」と
好きになった人には思ってやいませんか。

そう思ってしまう人というのは、本当の自分を出すことができず、
好かれないことが多いです。

コミュニケーションで伝わるもの

人は、言葉を交わさずとも膨大な量の情報をやりとりしている

まずこれが前提にあって欲しいのですが。

言葉以外にも、人というのはたくさんの情報を
無意識に、コミュニケーションの中で伝えています。

例えば、表情、仕草、声の大きさ、声の速さ、
自分の無意識のことで人に伝えている情報は膨大にあります。

なので、緊張していたり、本音を隠していたり、
無理しているという感じ、というのは、
意図しなくても相手に伝わってしまうんですね。

あなたが「無理してます」と一言も言っていなかったとしても、
言葉尻一つから分かってしまうものなのです。

ですからあなたが彼として、居心地が悪かったり、
良い自分を演じたり、緊張して心から楽しめなかったり、

一緒にいいて素の自分を出せない相手なのであれば、
その恋というのは短命に終わる可能性が高いということなのです。

一緒にいて憂鬱になったり、体調が悪くなったり、
ストレスを溜める相手というのは、相性がいい関係とは言えません。

そんな記事を書いてます。

一緒にいて体調不良になる人とは別れた方がいい

自分をさらけ出せる人が一番

自分の弱さをさらけ出せるかどうか

男性から愛される「いい女」ですが、

そんな女性も、誰にでもモテるわけではないです。
結局は、自分をさらけ出せる相手からしか、モテていないのです。

それでも、

いい女は自分のいいところも悪いところも含めて、
人にさらけ出すことが出来る「心の強さ」を持っています。

だからモテる女になれるということです。

嫌われたくない、とかもはや考えないわけです。
自分を作ったりも、いい子を演じたりもしないのです。

「憧れの人」止まりな時点でその恋愛は先が見えてる

相手を理想化しすぎな女子はあまりにも多いです。

相手を理想化して、「憧れの人」としてしか見れなかった場合、
その人とうまくいくことほとんどの場合ないです。

これは本当そうですよ、絶対うまくいかない。

ですから、女性が理想化してしまう対象である、イケメンとか、
内面的に魅力がある人とか、要するに魅力的な男性ほど、

女性から、依存されてしまうことや、
自分自身を見てくれないことに悩んでいる人は多いです。

つまり女側が、無理して、好かれるために自分を作ったり、
嫌われたくない、と演じれば演じるほど、

お互いに向き合う恋愛はできなくなり、
それは裏目に出てしまうというわけで。

自分を偽ってぶりっ子する人ほど、
浅いお付き合いしかできない、という記事を書いてます。

ぶりっ子を続けていたら将来悲惨になる理由

自分が無理しないと付き合えない相手よりも、
素の自分を出すことが出来る人を探す方が一番いい。

そういう気が置ける相手というのを、いかに作るかですよ。

親友みたいな関係になれる人と付き合おう

恋愛にトキメキを求める人というのは多いですけど、

トキメキや、ドキドキ、スリルのある恋愛であるほど、
自分は心が休まらず、相手に嫌われやしないか、と思ったり
結局素の自分を出すこともできないので、

相手からも「よくわからない女性」と思われるだけで、
そのままフラれて、恋愛が終わってしまうパターンが多いと思います。

それに対して、心置きなくなんでも話せる相手というのは、
一番の理解者になるのではないのでしょうか。

私はこの関係が最高だと思いますし、私自身、長く続く恋愛というのは、
必ず親友同士のような関係なことが多いですよ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は昔は依存的で恋愛がとても苦手でしたが、
自立した生き方をするためのマインドセットを勉強することで、

今では、恋愛で同じような失敗を繰り返したり、
悪い男に騙されるようなこともなくなり、

特に努力したり、我慢したりすることもないにも関わらず、
人との良好な関係を築くことができるようになり、
恋愛のみならず人生全体がうまくいくようになりました。

このように私は恋愛の勉強を始めてから、
マインドを劇的に変化させることができましたが、

恋愛のために勉強をすることが大事というと、
ぶっちゃけ、「え?そうなの?」って感じですよね。

恋愛は勉強したり、考えてやるものじゃない、
とよく言われます。

しかし、思いやりを持つとはどういうことなのか、
人の立場に立つこととはどういうことなのか、

ということ考えると、無知で無教養でいいわけがない
と私自身は思うのです。

相手を思いやる想像力は、知識によってしか養われません。
「ありのままの自分でいい」なんていうのは嘘なのです。

知識をつけて、自立したマインドを身につければ、
どんな人でも幸せな恋愛はできるし、
自信を手に入れて充実した人生を生きることはできます。

私ゆりが知識を得て、そして恋愛がうまくいった過程を
下記の記事では公開してます。

いい女を目指す私ゆりのプロフィール



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等で友達にシェアしていただけると超喜びます。

(すぐ下のボタンからシェアできます)

1 Comment

アバター みい

自分が好きになった人には好かれないのはあるあるですね。

先日、大好きな人にふられました。
理由は、私の事を大親友とか大好きなお姉ちゃんという感覚でしかみれない。という理由でした。
彼からは普段から言えない事を話せる貴重な存在的な事を言われていたし、前から対等な関係だとか、親友みたいとか言われていたのでやっぱりという感じだったのですが、女性側からしたら親友みたいな関係で長くやっていける自信があっても、男性はやっぱりどこか女性に夢を見ていて神秘的な存在であって欲しいと思うのではないでしょうか。

特に年下好きな男性やモテそうな甘え上手な男性は対等な関係を好まない気がします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です