知識を得れば、どんなにダメ人間でも成長して変わることができる。

こんにちは。ゆりです。

私は勉強をして人生が変わりました。

私は昔勉強ができない劣等生でしたが、
今では、月に本を100冊買い、
勉強しまくる人間になりました。

普通に考えたら、意味不明ですよね。
100冊?!っていう。しかも月にです。笑

でもわたしは、

勉強して人生変わったことにより、
知識に投資することの大切さを
日々感じているからこそ、

それだけ情報にお金を投資するように
しているのです。

わたしは今まで勉強するためだけで
何百万もお金を使ったと思いますが、
それでも、後悔したことは一度もありません。

自分が成長したという実感が確かに得られるし、

お金をかけただけ人生が変わるぐらいの
変化があるからです。

本来こんなに勉強する人間ではなかったですし、

昔は本当に勉強が大嫌いで、小学校から、
大学生になるまで活字を読むことは一切ありませんでした。

俗にいう活字アレルギーの人間だったのです。

学力コンプレックスまみれの過去

私は以前までは、コンプレックスに
まみれた人間でした。

アホだったわけですよ。昔は。

小学校の時とかも、テストでも、
毎回20点とかとっていたし、
数学は0点とってましたし、

クラスでも最底辺の頭の悪さでした。

何より遊んでいたわけじゃなくて、
真面目に勉強していたのにもかかわらず、
勉強が出来なかったのです。

塾にも通っていたにも関わらず、
全然できないわけですよ。

周りの人間は、勉強ができる子供が
多かったため、

それはもう、悔しくて、情けなくて、
自信なんてあったものじゃありません。

そのため、学力コンプレックスが
半端じゃないことになっていました。

周りと自分を比べて、

ゆり

どうして自分は何も出来ない人間なんだろう

と思っていました。

勉強という言葉を聞くだけで、
逃げ出したくなるぐらいには勉強嫌いでしたし、

大学生1〜2年の時は、
いつもスマホゲームやSNSばかりやって、
現実逃避して生きていました。

そんな私が本を読むようになったきっかけ

それは、あらゆることにおいて、
「知識が大事」だと気づいてからでした。

例えば、恋愛にしても、「人間心理」を
知ってるのと知らないのとでは、大きく変わるし、

お金のことにしても、仕事にしても、
知識がないと「損ばかりする」のです。

私は人間心理について勉強してから、
劇的に恋愛がうまくいくようになりました。

ちょっとした「知ってるか」「知らないか」が
その後の人生を大きく分けることに気づいてしまったのです。

そこから本を買いまくりました。
人間心理やら、脳科学やら、行動経済学やら、
あらゆる分野のことを勉強し始め、
自分でビジネスをやるようにもなって、

そしたら、本当に気づいたら
勉強する前の自分とは全く違う人間に
なってたわけですけど、

勉強の楽しさに気づいてからは、
本当に何でもっと早く勉強しなかったんだ?
と思うのです。

今では本ばかり読むのが苦痛だと
思っていた昔が、信じられないぐらい、

今では新しいことを知ることが
楽しくてしょうがないです。

飽きない人生を手に入れることができた

わたしは読書のおかげで、勉強したおかげで、
「飽きない人生を手に入れた」と
言っても過言ではないのです。

「飽きない人生」

こんな素晴らしいことがありますか?

わたしは、勉強するまでは、
毎日毎日暇で暇でしょうがなかったですし、

大学生活がつまらなくて、
スマホゲームばっかやっていた
大学生だったわけですから。

あまりに無欲で、堕落していた結果、
当時の彼氏に振られるという残念な経験もした私が、

好奇心と、知識欲が尽きない日々を手に入れたのです。

だからこそ、「勉強」に出会えたことは
わたしにとって、幸運でしかなかったと思うのです。

学校の勉強はクソです

本を読むのが苦痛って人が一般的には多いと思います。
本が好きでしょうがないっていう人は
あまりいないのかなって思いますね。

これは学校での勉強の影響は大きいと思います。

学校での「勉強」のイメージを、大人になっても
引きずってしまう人というのは多いですね。
わたしが勉強を嫌いだった理由は、

学校の授業がつまらないことと、
先生が尊敬できる先生なんて
ほとんどいなかったことがあります。

今思っても学校の勉強はつまらないとと思いますよ。
歴史なんかも、年号を覚えて何の意味があるのか
未だによくわかりません。

年号じゃなくて、歴史の人物のストーリーとか、
感情とか、そういう人間臭い部分だとかを
本当は知りたいわけですよね?

そこが一番面白い部分な訳ですし。

しかし、学校はそういうことを教えないのですよ。
そもそも面白い授業をする気のない先生ばかりですし、
ただただ、教科書の朗読をしていればいいと思っているのです。

そんなので生徒が勉強の楽しさに気づかなくて当然です。

ニューロンを発火させよう

知識を知って、脳みそが刺激を受けた時、
人の脳内ではニューロンという物質が発火するんですけれど、
つまり脳内で小さな爆発が起きてるんですよね。

つまり、知らないことを知ることは、
脳みそにとっては快感なのです。

人間は本来勉強嫌いではなく好きなんですよ。
勉強嫌いな人なんて、この世にはいません。

「知的好奇心」というものは
あなたにもあると思います。

知らないことを知りたいという欲求は
元来人間には備わっている欲求なのです。

だからこそ勉強しましょう。
本や知識にお金を使いましょう。
そして、自分で未来を変えていきましょう。
勉強すれば未来は変えられます。

今の自分がいくらダメだったとしても、
勉強に目覚めるだけでいくらでも
人生を変えることはできるのです。

この記事を読んだ人はまず、本は、
数ページでもいいので読んでみてください。

ハードルをあげると挫折するので、
まずは数ページでもいいから読んでみることです。

私がおすすめするのはkindleで本を読むことです。
電子書籍の方がハードルが低く読めるのでおすすめです。

端末だけじゃなくてkindleアプリもおすすめです。

私がどんな風に読書をしているか、
こちらの記事にまとめているので、読んでみてくださいね。

私のkindleアプリ読書法。ハードルを下げれば何冊でも読めるようになる!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は昔は依存的で恋愛がとても苦手でしたが、
自立した生き方をするためのマインドセットを勉強することで、

今では、恋愛で同じような失敗を繰り返したり、
悪い男に騙されるようなこともなくなり、

特に努力したり、我慢したりすることもないにも関わらず、
人との良好な関係を築くことができるようになり、
恋愛のみならず人生全体がうまくいくようになりました。

このように私は恋愛の勉強を始めてから、
マインドを劇的に変化させることができましたが、

恋愛のために勉強をすることが大事というと、
ぶっちゃけ、「え?そうなの?」って感じですよね。

恋愛は勉強したり、考えてやるものじゃない、
とよく言われます。

しかし、思いやりを持つとはどういうことなのか、
人の立場に立つこととはどういうことなのか、

ということ考えると、無知で無教養でいいわけがない
と私自身は思うのです。

相手を思いやる想像力は、知識によってしか養われません。
「ありのままの自分でいい」なんていうのは嘘なのです。

知識をつけて、自立したマインドを身につければ、
どんな人でも幸せな恋愛はできるし、
自信を手に入れて充実した人生を生きることはできます。

私ゆりが知識を得て、そして恋愛がうまくいった過程を
下記の記事では公開してます。

いい女を目指す私ゆりのプロフィール



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等で友達にシェアしていただけると超喜びます。

(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です