初めまして。ゆりです。自立した人間を目指そう。

はじめまして。

ゆり

木村ゆりといいます。

お前だれだよとなると思うので、自己紹介をさせていただきます。
ゆりという名前でブログを書いています。

1992年生まれの26歳です。新卒で入社した大手のIT企業で、
マッチングサービスや、結婚支援サービスの、

マーケティングや、ブランディングの仕事を
していたのですが、2年半で退社して、

現在は、独立起業して、恋愛の情報発信を中心に
ブログメディアや、メルマガにて活動をしています。

私は昔は、常に他人の目を気にしていて、モテなくて、
暗くて、声も小さくて、人の目も見れなくて、コミュ障で、

自分の意見なんてなくて、他人に流されて、
夢もやりたいこともなくて、
心の底から自分のことをダメ人間だと思っていましたし、

その結果、他人に振り回されて、
ストレスばかりをためて生きてきて、
男には騙されるし、彼氏には振られるし、

自信なんてあったものじゃない

そんな感じなので、

自信をどうやってつければいいんだと悩みまくり、

引き寄せを信じたり、セミナーに行ったり、
自己啓発書を買いまくってみたり、
色々やっても結局何も変わることはできず・・・

以前までの私はそんな感じだったのですが、
現在は、メンタル面は常に安定しておりまして、

例えば、

  1. 相手の顔色をうかがうことはない
  2. 悩むことはあっても、堂々巡りはしない
  3. 自分のことが好きと心から言える
  4. 本を月に100冊くらい買って、知識を高めるのが楽しい
  5. 学ぶことで世界が広がっていく感覚がある
  6. やりたいことや、叶えたい夢がある
  7. イライラすることがほぼない
  8.  一人の時間が楽しめる
  9. 何かに急き立てられている感覚もない
  10. 人生何が起こっても、どうにかなると思っている
  11. 自然体の距離で人といることができる
  12. 言いたいことが素直に言える
  13. 周りを気にせずやりたいことをやる
  14. 恋愛でも悩まない
  15. 故に、恋人を作るのに苦労しなくなる
  16. 婚活しなくてもよくなる
  17. 心から信頼できる仲間がいる
  18. 毎日が楽しい etc.

これが私の当たり前の毎日です。
このような人間に変化することができました。

私は、自立した「いい男」と「いい女」を増やしたい。

私はよく自立したマインドを身につけようとか、
「自立しよう」ということを言っているのですが、

これは、以前の自分がダメダメで
どうしようもなかったことに起因しておりまして、

私自身が以前は依存心が強かったんですね。

そんなダメだった自分から、私は変わることができて、
彼にも大切にされる恋愛ができるようになり、

それ故、モテないという悩みもなくなったので、
婚活をしなくてもよくなりました。

以前私は毎日必死に婚活をしていましたが、

自分に嘘をつく必要がなくなったことにより、
本当に心が軽くなったんですよね。

そして、知識がついて、自分のやりたいことをやり、

単純に自分が成長したおかげで、
レベルの高い男性にも出会えるようになり、

恋愛マニュアルなんか見なくても、
恋愛もうまくいくようになり、人生楽しくなりました。

なので、

「自立したマインド」を身につければ、
恋愛もうまくいって、仕事もうまくいって人生も変わる。

そう言いたいのです。

私はそのような自立した「いい女」「いい男」を増やして、
世の中もっと良くしていきたいと思っています。

メルマガも最近は男性の読者も増えてきました。

私が女性だということもあり、
元々女性向けにやっていたのですが、

男性からも、「共感できる」という声が多く頂いたので、
女性向けじゃなく、男女向けになりました。

「自立した男女を目指す」

と言ってもこれは目標ですので、
自分の魅力をあげて、少しでも自信に繋げてもらえる、
そんな人が一人でも増えればいいなーと、

そのような思いで発信しています(^^)

そして、このブログでは、私の経験を交えた
本当の意味で恋愛に困らなくなる方法や

マインドを身につけて、心を豐かにしていく方法や
身体をどんどん健康にする方法を書いています。

是非興味ある記事からどんどん読んでください。

そして、私このような活動をする上で、
私の過去の経歴を共有しておくと、
より私のブログの内容を理解しやすくなります。

なので、少しばかり私の過去の物語を
今から共有をしていこうと思います。

昔は自信がなかった

勉強ができなかった小学校時代

私は母親は専業主婦、父親はサラリーマンの
一般的な家庭に生まれ育ちました。

小学校のときから、授業中発言はしない
空気のような存在として過ごし、

教室の隅っこで少女漫画を一人で
書いていた大人しい女でした。

絵以外、何も取り柄がなかったので、
コンプレックスは人一倍強かったです。

何より真面目に勉強しているのに
勉強ができなかったので悔しい思いをしていました。

そして、わたしはとにかく暗かった。笑

小学生って友達とドッヂボールとか鬼ごっことかをして、
明るく過ごしてるイメージかもしれませんが、

私は、足が遅いので鬼ごっこにも入れてもらえず、
おどおどしていて、気の強い子達に逆らえない子供でした。

仲間外れにされたり、ものを盗まれたりして
よく泣いていましたね。

パシリ役で荷物持ち係でしたし。苦笑

そういったことがトラウマになっていて、
コミュ障をこじらせていたので、
話し方がわからないことで悩んでいました。

みんなわたしの悪口を言っているんじゃないか、、
という被害妄想ばかりしていて。

どうやって人と話せばいいの?!という感じですよ。
だから、なんの自信も持てなかったですね。

この時から精神病んでましたね、思えば。

才能がなくて悩んだ美術高校時代

教室の隅っこで絵ばかり描いていたせいか、
絵のスキルだけはあったので、美術の高校に行きました。

そこで高校で作品を作ったりしていたんですが、
自分の才能の無さに悩んでいました。

どれだけ一生懸命時間をかけて作品を作っても、
周囲の生徒はコンクールで賞を取りまくってるのに対し、

私は何を作っても、
どれだけ努力しても賞はもらえなかったんです。

私自身、何もできないことがコンプレックスで、
唯一できることが「絵を描くこと」だったんです。

でもその「絵」でさえもできないってなると

私には絵しかないのに、
絵の才能がなければ何も残っていないじゃないか。。

という恐怖で、メンタル的には死にそうでした。

自分って何なんだろう。てことを一日中考えてましたね。

そして、

相変わらずコミュ障で、八方美人で、主体性はなく、
周りに流される性質は相変わらずなので、

大体いつも「うん」「そうだよね」「わかる〜」
でどうにかその場を取り繕っていたのです。

自信がなさすぎて、人に自分の気持ちを言えなかったんです。
八方美人なので上っ面の友達はいたんですけどね。

友達にさえ自分の「本音」を喋ったことがなかった。

誰にも心を開かないので、完全に周りからすると
「謎の人」でしかなかったんですよ。

「ゆりちゃんは何を考えているかわからない」
と思われていたでしょう。

当たり障りない言葉しか言えないのは自分なのに、

「どうせ自分の気持ちなんて、誰もわかっちゃくれないんだ。」
と勝手に世の中に対して絶望したりしていました。

そして、傷つかないために、
プライドだけはやたらと高いのです。

意見されると、人格を否定されたと思ってしまうのです。
すぐキレるし全く心に余裕なんてありません。

怒りの矛先は、主に当時いた彼氏に対してでした。
急にキレるので意味がわからない女だと思われていたでしょう。

何でこんなに自分は余裕がなくて、
心が狭いんだろうと、自己嫌悪ばかりしていました。

そして自分の意見もなく、
何も言えないこともコンプレックスでしたね。

「こんなこと言って、ばかにされないだろうか・・・」
「こんなこと言って、頭が悪いと思われないだろうか・・・」
「こんなことを言って、嫌われないだろうか・・・」

いつも頭の中は、そんなことばかりで渦巻いていて、
一言も言葉を発することができないのです。

さらに、優柔不断で、人の意見は全て正しい気がして、
何を見ても聞いても信じてしまう。

そんなわけで、「自分がないこと」ことがある意味
コンプレックスそのものでした。

自分って何?!って感じなんですよね。

だから人にイライラされるし、それで嫌われたくないのに
余計に嫌われるという、悪循環。
そんな、人に影響されてばかりの自分が大嫌いでした。

一発逆転を夢見た、美大生時代

そして、私は受験のための必死の努力もあってか、
東京の美大に入学することができました。

でも美大に入学してみると、やはり優秀な人だらけで、
相変わらず自分の才能の無さには辟易していました。

もう自分自身のことを諦めかけてました。

「どうせ私には無理だ、私なんて…」
ということばかり考えていました。

人と比べてばかりで、その度に私なんてどうせ、、
とばかり思っていました。

高校生の時から変わっていませんw

正直作品を作ることをを考えるだけで胃が痛かったし、
辛い、やめたい、としか思えなかったのです。

もはやなぜ苦労して美大受験をして
大学に入学したのかよくわかりません。

でも辛いけど、私には美術の道しかないから…
とそこにしがみつくことしかできず。
諦めきれなかったんですよね。

美術をやってきたというプライドだけはあったのです。
私は自分に心に嘘をつき続けていました。

そして気づいたら
学校も単位以外の目的では行かなくなっていました。
そんな堕落した学生生活を送っていたら、

大学2年生になって、周りは就活の話題で持ちきりの中、
私は就職のことで本当に悩みました。

自分自身がどうしたいか、何がしたいかわからないからです。

「やりたいことがない・・・」
「何が好きなのかわからない・・・」
「自分って何なんだろう・・・」

そう思っているうちに、気づけば、

「結婚して、専業主婦になりたい」
ということばかり、考えるようになりました。

若くて自己主張しなくて、
従順な女でいれば、主婦になれる。

自己主張できない女は、そういう道しかない。
主婦は、私にぴったりだわ!と思ったのです。

それで、「夢」ができた私は、
どうやったら専業主婦になれるのか?
ということをネットで調べまくり、

「女は若いうちから婚活を始めると有利になる」
とネットには書いてあるのを発見しました。

なので、当時大学生でしたが、
マッチングアプリで婚活をはじめ、
毎日いろんな人とデートをしまくる日々を送りました。

「結婚さえすれば、幸せになれるはずだ」
こんなことを思っていたのです。

なんでそんなに婚活に必死だったのか?と思いますが、
今思えば、世間に見返したいという思いがあったからです。

「自分の人生はこんなものじゃないはず…」
と思っていたんです。

そのため、一発逆転できる未来を夢見ていたんです。
そんな考え方をしていたら、

案の定デートしても、フェードアウトされまくり、
全然上手くいきません。

しかし、当の私は

「私はわがままも言わずに、嫌われないように、
いい子に振舞ってるのになぜなの?」

という感じで、
全く意味がわかっていませんでした。

そして、極めつけには、当時いた彼氏にも、
浮気されて、振られてしまいました。

彼「話したいことがあるんだけど」
彼「好きな人ができたから、別れたい」

!!?

私「どういうこと?私の何がいけなかったの?」
私「別れたくない!!悪かったことは直すから!」

よく分からないまま、別れ話は終了し、
心にぽっかり穴が開いただけなのでした。

「自分って魅力がないんだろうか」
「一生好きな人なんて出来ないんじゃないか」

どん底まで落ち込み、

「あいつはクソ男だった!!」

と友人たちに愚痴りまくり、
どうにかメンタルを保ったのでした。

その後は、依然として、自分に自信はないままですし、
振られてからというものの孤独が辛かったため、

マッチングアプリで適当に、いろんな男の人に会って、
寂しさを紛らわす毎日。

でも、モテる男性に振り回されて傷つくことばかりで、
さらに男性不信になっていました。

「男なんて最低!!」
「どいつもこいつもクズばかり!」
「どうせ浮気する」

と本気で思っていました。

しまいには、怪しいセミナーに行ったり、
自己啓発書にハマったり、引き寄せを信じてみたり、

「イメージの力を利用すれば、願望は実現できます」

と言われれば、

「私は必ず幸せになれる!私は必ず幸せなれる!」
と毎日のように思い続けたり。苦笑

他にも、恋愛のマニュアルを買ったり、
駆け引き本を何冊も読みました。

小悪魔になる方法や、恋愛ハウツー記事、
それらを読み漁り、実行に移しました。

しかし余計に、恋愛でどん詰まりに。

当時好きだった好きな人にも全く振り向いてもらえず。
むしろ「都合のいい女」扱いをされていました。

もうプライドはボロボロです。

「こんなに勉強しているのになぜなの?」
と思っていました。

今思えば、それは本質を得た勉強では
なかったんですよね。それが分かっていなかった。

しかし、その後私は、

とても幸運なことにある恋愛のブログにたどり着きました。

それは、当時の私にとっては、まさに運命でした。
そこに書いてあったことは、

「自分の人生の責任は自分しか取れない。
他人に人生を委ねるな。」

と言う言葉・・・。

この時はハンマーで頭を殴られたかと思いました。

なぜなら当時の私は、
男の人に全面的に頼れる女が、いい女だと思っていたからです

それはもう固く信じていたのです。情けないことですが。
だからこそ、私の信じていた世界は崩壊しました。

このブログとの出会いが私の運命を変えました。

恋愛がうまくいかないのは、自分の夢や、
やりたいことが分からず、目的もなく生きていること、

そんな依存マインドが一番の問題だった
ということなのです。

私は恋愛がうまくいかないのは、自分のせいではなくて、

「男が最低だから」
「彼が浮気男だから」

という結論に至っていました。

しかしその考え方に触れて、全部自分の問題だった…
ということを知り、愕然としました。

「自立した女にならなきゃいけないんだ・・・」

そう初めて気づいたわけです。

自立した女になるために、そもそもの「考え方」を
学ばなければいけない、

そのためには、自立した女になるための、
マインドセットをインストールしなければいけない、
そのことに気づいてからというものの、

完全に目が覚めました。
夢から覚めたという感じですw

そうして、自立するためには学ばなければいけない、
ということに気づきました。

そしてそんな時に、

尊敬する人(メンター)にも出会いました。
その人との出会いも、私の運命を変えた出来事でした。

それからは、勉強、勉強の日々を過ごしました。

そうやって、本を読んだり、
学べば学ぶほど新しい世界を知り、

興味のあること、学びたいことは増え、
どんどん知識がたまっていきました、

そうやって自分のやるべきことに没頭しているうちに、

「自分は実は、ダメ人間ではないのでは・・・??」

と思えるようになりました。

自分の意見も言えるようになりました。

今までは学んでおらず、何も知らなかったから
自分の意見がなかっただけで、

学んだことで、自分の意見を持てるようになり、
自己主張もできるようになりました。

自分のことを、認められるようになっていました。
気づけば自信がつきました。

他人に振り回されなくなり、
自分を大切にできるようになりました。

それに伴って、

気づけば自然と彼氏ができて、
普通に、恋愛できるようになっていました。

私はこの後、とある大手IT企業に就職します。

憧れだった大手IT企業に就職

なんでそんな大企業に入れたかというと、
大学時代3年〜4年生の時の2年間で、

マインドが劇的に変わり、自立した考え方が
身についてきていたからです。

大学の4 年の時は勉強しまくり、
誰?ってぐらいの変化をしていました。

そのため、いつの間にか面接で
自信を持って喋れるようになったり、

今までのコミュ障だった自分じゃ考えられない、
別人レベルに変化していました。

で、そこでやっていた仕事が、
婚活サービス事業や、マッチングサービスの事業です。

その時から、

恋愛や、人との関わりについて興味があったので、
そういう仕事ができたのは嬉しかったですね。

マッチングアプリの事業を0から立ち上げたり、
広告のブランディングをやったり、
マーケティングの仕事もしていました。

ここでも自信がつきましたね。

「私ってやればできるんだ!」と。

そして、当時から文章を書くのは得意だったので、
広告コピーも書いたりしていたのですが、

でも、やっぱり入社して悩んだんですよね。
「私はもっと伝えたいことがある」と思ったんですよ。

広告コピーじゃ、伝えられることはわずかしかないんです。
それがもどかしかったんですよね。

それで、この仕事をしていて本当にいいのかな?
とふと思ったんです。

当時、会社の仕事とは別に、メンターに教わって、
恋愛メディアを作っていたのですが、

(今のメディアの前身みたいなやつです)
そこでの反響がかなりあった。

自分の人生を変えたブログを超えるような発信をしたい、
そう思っていたんですよね。それを仕事にしたい。

と思っていたんですよ。

「私はここにいるべきじゃない気がする…」

そう思って、直感に従ったまでなのですが、
2年半後、会社辞めて自分で恋愛の事業をやることにしました。

私は自分の気持ちを大事にすることができるようになっていました。
もう、自分の心に嘘はつかない!と決めたのです。

親や周りからは、大反対されました。
高収入で安定のホワイトな職場を辞めるなんて!と、

全部無視しました。

かつての私はブレまくりの人間でしたが、
いつの間にかブレない人間になっていました。

自分のことを勝手に諦めて、自分の可能性を閉ざさないでよかった。
諦めなくていい。人生はいくらでも変われます。

思えば、ずっとコンプレックスにまみれていたことや、
失恋の経験をしたり、好きな人に都合のいい女扱いされて、
悔しい思いをしたから今があります。

辛い経験を「よかった経験」に変えられるかは、
その後の自分がどれだけ未来を切り開こうとしたかなんですよ。

その時の苦しんだ経験は無駄じゃないんです。

自分のことで精一杯な時は、自分のことばかりで、
周りが見えなくなってしまうものです。

「なぜ私だけ恋愛が上手くいかないの?」

と思うかもしれません。

でも、でもそういう時、私は相手のことなんて
何も考えていなかったですし、
なんの努力もしない、自分の足でも立たないのに、

「幸せにしてほしい」

ということばかり、考えていました。
虫の良すぎる話だったと思います。依存ばかりしていたんです。

全ては、心の持ちようの問題、考え方の問題なのです。

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる

心が変われば運命が変わります。

私は依存的な女でしたが心を変えたら、
この言葉の通り、本当に人生が変わりました。

コンセプトのおさらい

どんな生き方がしたいのか?

自立したマインドを身につけよう

これさえできれば恋愛はうまくいくんです。

逆に言うと、過去の私のように、
これができていない人がほとんどなんです。

だから依存的になってしまい、
恋愛もうまくいかないということになるのです。
ほとんどこれが原因と言っても過言ではない。

自立して、人生を心から楽しめている人って
なかなか少ないです。

私は以前までは、例に漏れず、
人生がつまらないと、本気で思っていました。

コンプレックスだらけで、何のために生きてるか
よくわからない人生を歩んでいました。

だから婚活もしていたし、自分の未来に希望が持てないから、

「幸せにしてもらいたい」
「一発逆転したい」

という発想になっていましたしね。

今思えば、単に知らなかっただけです、
本当の人生の楽しさを、何も知らなかっただけなんです。

今では、人生は楽しむべきものだと思っているし、
自分らしく生きられるものと思っています。

それはひとえに、マインドが変わったから。
そう思えるようになったのです。

今を楽しく生きる、幸せに生きる、
そのような生き方をするためには、

考え方が鍵になります。マインドセットですね。
人生を楽しめるための、マインドセットを持っていると、

目標もできますし、夢を持てるようになります。

そのために邁進することができたら、
恋愛も、結婚も、仕事も、何もかもうまくいきます。

私が伝えたいことは、

今を楽しむための生き方、
イキイキと生きるための考え方

そのものなのです。

そのために、私は、メールマガジンを
発行しているのですが、
メルマガでは、より具体的な話をしております。

無料なので、是非興味がある方は、ご登録ください。

大好評いただいていて、
メールマガジンでしか流さない話もよくしてますし、
メルマガ限定企画も流しますし、

ここまで読んでいただいた方は、
登録して損することはないかと思われます。

以上になります。

ゆりでした。

そんな私のメールマガジンは
以下から登録できます。

ゆりのメールマガジンはこちら



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は昔は依存的で恋愛がとても苦手でしたが、
自立した生き方をするためのマインドセットを勉強することで、

今では、恋愛で同じような失敗を繰り返したり、
悪い男に騙されるようなこともなくなり、

特に努力したり、我慢したりすることもないにも関わらず、
人との良好な関係を築くことができるようになり、
恋愛のみならず人生全体がうまくいくようになりました。

このように私は恋愛の勉強を始めてから、
マインドを劇的に変化させることができましたが、

恋愛のために勉強をすることが大事というと、
ぶっちゃけ、「え?そうなの?」って感じですよね。

恋愛は勉強したり、考えてやるものじゃない、
とよく言われます。

しかし、思いやりを持つとはどういうことなのか、
人の立場に立つこととはどういうことなのか、

ということ考えると、無知で無教養でいいわけがない
と私自身は思うのです。

相手を思いやる想像力は、知識によってしか養われません。
「ありのままの自分でいい」なんていうのは嘘なのです。

知識をつけて、自立したマインドを身につければ、
どんな人でも幸せな恋愛はできるし、
自信を手に入れて充実した人生を生きることはできます。

私ゆりが知識を得て、そして恋愛がうまくいった過程を
下記の記事では公開してます。

いい女を目指す私ゆりのプロフィール



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等で友達にシェアしていただけると超喜びます。

(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です